記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年、幸せな夏。

2011年の夏がおととい幕を開け、きのう幕を閉じたわけですが(笑)、
それはそれは、とてもとても幸せな時間でした。

声はガラガラ、顔はにやけっぱなしの
完全に怪しい人になっています(*´・∀・`*)ゞエヘ

アリーナ時代を彷彿させるかのような思い出を
たくさん、たーくさんいただきました。
ありがとう。本当にありがとう。

嵐さん、友達に心から感謝です。

以下はネタバレ含むので隠します。

↓ ↓ ↓ ↓

なんとか死守した地元2DAYS。
多少、胃が痛くなるようなこともあったけど、
友人に励まされ、ほぼ体調万全で挑めたのも本当によかったな。

今回は特にこれでおしまいってことで、
少しでも長い時間、この空間にいたいなって思って、
開場とともに中に入ってずっとそのときを待ってました。
始まったら終わっちゃう、どうしよう(>_<)
っていうフクザツな思いを抱えながら(笑)

2日目は「わたしたちもそろそろ円陣組んで気合入れなきゃね!」
とか言ってたら、ステージ裏から本物が聴こえてきてそっからもうそわそわそわそわ。
「あーらーしっ!」コールも今まででいちばん頑張ったよ。

セトリとともに備忘録程度に振り返ってみますが、
まず最初に一言。

今回、近年見られていた大掛かりなことと言いますか、
派手な演出はほとんどなかったように思います。
全体的に質素だなーとも思いました。

けど、だけど。

前半5曲でいつものオリアルツアーにはしなかったっていう
ある意味、チャレンジでもあるようなこのセトリも含めた演出は
ARASHICツアーを見たときに思った感覚(いま置かれてる状況で
自分たちがどこまでできるか、っていう想いが伝わってくる)に似ていて、
懐かしく、愛しい気持ちが込み上げてきたということを記しておきます。


opening~僕が僕のすべて~

スクリーンにまずメッセージが出てくるのって、One以来かな。(Timeも出てきたけどこんな感じだったけ?)これメモりたかったけど今回は用意してなかったんで、あとでレポ巡りして探したいと思います(笑)Beautiful Worldを一緒に探しましょう、みたいな内容のメッセージが出たあと、メインステ中央からスモークがモクモク。アカペラでサビを歌いながら真っ白の衣装を着た5人が下から出てきます。一切ネタバレを見なかったものの、意外な曲で始まるっていう噂だけは聞いていました。たしかに意外だったけど、納得です。うん、そうか、そうきたかっていう。1曲歌いきってもよかったかなって気もするかな。

Believe

僕が~でサビ歌いながらメインステの前方まで出てきており、そっからのBelieve!!!真っ白な衣装を着た5人が目の前で大好きなBelieveをがっしがし踊ってるっていう現実だけで涙目でした(・_・、) 5人が時折笑顔を浮かべながら真剣に歌い、踊ってる。変わらない5人がそこにいて、嬉しかった。

言葉より大切なもの

まさか、こんな序盤に!ってみんな思ったんじゃないかなって気がする。恒例の「ここにはー」「あるからー!」はなく、サトシが普通に歌ってた。ここで5人メインステ各方向にばらけます。あんまり覚えてないけど、左サイドはAOで右がMNかなぁ。真ん中に翔ちゃんいた気がする。基本、翔ちゃん祭りだったんでどこで翔ちゃんってのがよく覚えてない(笑)で、最後はセンステでアウトロをしっかり踊る。言葉より~の振りが大好きなのでこれがあるとテンションあがります。

Oh!Yeah!~挨拶

センステに沿って5つのリフターがあり、それに乗ります。配置は左から、O・M・S・A・N(だと思う)。いつもの感じで挨拶あり。


A・RA・SHI

ここであらし!?バラけているので踊りはないけど歌は基本に忠実にやってるなという印象。歌い終わりはメインステで、終了後はステージ暗転。


映像

たぶん、冒頭5曲はプロローグ的な位置づけなんだろうな。今年のツアーを始めるにあたって、あの時期みんながよく聴いていた(だろう)曲を、そしてこのタイミングでこの曲を届けたい、っていう想いをまず冒頭に持ってきたんじゃないかと。A・RA・SHIで一旦締めるってのもなんだかわかる気がする。そしてここからが本編って感じかな。自然を意識したアニメーション映像にいつものようにメンバー紹介も織り交ぜて流れます。

Rock this

大きなフラッグを持ったJr.が現れ、天井から5人登場。今回の大掛かりな仕掛けのひとつですが、上から下に降りてくるだけで終わりです。今までが凄すぎたためこんな感想になってしまい、すみませんって感じ。。。「Hey!」とかの掛け声?のところで炎があがってた。Rap、かっこいい。

always

これがうまい具合に映像とリンクされててちょっと感動した。別撮りしたモノクロ5分割の映像が出るんだけど、掌を前に出す→するとそれぞれのイメージカラーの灯火みたいなのが掌にパッと出る→それを消えないように両手で包み込む。という流れが歌う順に次々続いていくって感じ。そのときステージ上では、イメージカラーのスポットがそれぞれにずっと当たってるんだけど、歌ってるときだけは「白」のスポットが当たってたな。2番からは5人真ん中に集まって振り付きで歌います。
<その他>
・1番と2番の間にあるJの吐息は、掌を顔に向けて右から左へスライドさせるような感じで「ハァー」(笑)
・1日目のMCで相葉ちゃんが風呂場の鏡に向かって全裸でこの振りをずっと練習してたって翔ちゃんが言ってた。ジュニアが必ずワンテンポ遅れるって(爆)今日はalwaysがちゃんと踊れないみたいなそんな理由で練習してたって言ってたんだっけ・・・うーん、なんだっけ。

Yes?No?

まさかのYes?No?でしたねこれ。メイン→センステ→バクステと移動するんだけど、移動以外はがっつり振り付きでした。Yes?No?はやっぱりOneの印象がね、これは拭えないところだと思うんだけど、衣装が白じゃなくて黒ってとこ以外はほぼ再現じゃないでしょうか。千手観音もポイ(センステで行う)もあったし。センステ→バクステはムービングになってて、バクステ付近にいた1日目は、ここで初めてムービングが動いて近づいてくるってとこで、しかもこっちサイドにいるのが雅紀だったのが非常に嬉しかったです(^-^) ま、いろいろあるけどやっぱりYes?No?はね、どうしてもOneがよみがえるってのがあるので否応にテンションあがっちゃう。ほぼ再現を近くで観れた感激はひとしおでした。

STORY

意外!最初、何のカップリングだったかなかなか出てこず・・・(笑)バクステでがっつり踊ってた。

Lucky Man

トロッコ使ってメインステに戻ってくる。Jはソロの準備のためセンステからはける。

Shake it!

んもー、Jの引き出しの多さには脱帽です!!!正直ここに「エロさ」を絡めてくるとは思ってませんでした。・・・土下座したい(笑)でもって全体的にちょっと古め?な感じがするんだよね、映像も振りも(笑)そんなところで腰はくねくね捏ね繰り回すわ、最後にはシャツはだけさせるわで大変です、もう。(帰りのバスで5才くらいの男の子がTシャツめくりあげてマネしてたらしいw)んで、ヒガシ先輩ばりの“あれ”を目の前で観たときは子が産まれるかと思ったわ(笑)でもこういう「エロさ」は自分的には大歓迎!!!おちゃらけ要素があるって大事。だからスクリーンの映像はしっかり、全身とまでは言わないけど、せめて太ももあたりから上を映してもらわないと困る!!!腰から上だと伝わりきらないので(爆)ガチ本気じゃないJの「エロ」要素ありソロがすごい好きだっていうのが今回の大発見でした。・・・てかこれが今回のソロトップバッターだったなんて!

negai~Lotus

メインステ。アルバムと同じ順番。アルバム聴いてるときもここの流れいいなぁって思ってたけど、LotusはtruthやBelieve、Monsterみたいな使われ方するのかなとも思ってたから、意外な感じもしたかな。にしてもLotus大好き!相葉さんの「ストーリーはじまる」がマジ最高だった(〃▽〃)

To be free

バラけてた気が・・・。雅紀はソロの準備のためはける。

じゃなくて

んもー(←2回目)、かわいいったらないわ!京セラではメインだったのかな?札幌ではバクステ→センステになってたので1日目はよく見えた!(ま、メインでいてくれた方がさらに見えたけどw)今回、正直あんまり期待値が高くなかったので(ごめん!)余計にきゅんきゅんしたかも(笑)襟元とカフス部分のプッチ柄みたいのが、エイトのズッコケんときの衣装みたいだなーとか思ったりしてみてたんだけど、椅子使っての演出、頭抱えたり、歌詞に合わせた顔の表情とかがもう最高によくって!!!むぅーって表情とかさー。かわいーかわいー連呼してた(笑)特別なことをしてるわけじゃないのに、なんだろうねこれ。にこにこ笑ってるの見るだけでこんなに幸せな気持ちになれるなんてね。なんか・・・入院したときは、ツアーに関したことだけで言うと、ツアー自体参加できるのかな、できてもかなり動きは制限されるんじゃないか、飛行機乗れるのか、いろいろ思ったりして。でも今、こうやって元気な姿見せてくれてホントよかったし、幸せ振りまいてくれてホント感謝してマス。

このままもっと

これ、どんな風にやるんだろうってすごい思ってたんだけど、意外とさらっとこなしたなっていう印象。衣装は大小さまざまな水玉柄(色は黒とかグレーでシックな感じ)でパンツは相葉丈。ハット被ってた。Jr.たちがジュリアナみたいな扇子持って翔ちゃんを囲んじゃったときは思わずふいたけど(笑)、これはね演出よりも、曲にアレンジが加わってて、それにわたしはやられてしまいましたよ。「君にはもーぉっと」のところが「君には・・・ 君にはもーぉっと」ってな感じで“タメ”があって、それが最高によかったです。きゃーーーー!しょーちゃぁーーーん!ってなった(笑)最後には客席に羽が舞ってステキだったし。普通っちゃー普通だったけど、翔ちゃんがこういう曲歌ってるのを観れたってだけで満足な部分あるかも。あいらーびゅの振りとかもさらっとやってんだけど・・・なんていうんだろ、大人の男性がちょっと気恥ずかしいんだけど、でも伝えるよっていう雰囲気が全体的にあってなんか良かった(笑)

Everybody前進

ここ数年「もうこの曲はやってくれないだろう」と思い込んでる曲が言い方悪いけど紛れ込んでることがよくあって、エビバデもまさにそう!こうなったらいつか「ランナウェイ・トレインを・・・」と願って止みません(笑)で、欲を言えば振り付きでお願いしたいところですが、今回はこの曲でフロート登場でした。ってかこのときの衣装がなぜか淡いイメカラのジャケットに黒の蝶ネクタイで、ニノに関してはゲッツに見えてしょーがなかったよ・・・(爆)2日目はソロ後の翔ちゃんが出てくるのを待ってて、ニヤケるのを我慢してるようななんとも言えないキメ顔でセンステに向かっていくのがおかしくてしょーがなかったすw

きっと大丈夫

前曲で翔ちゃんがムービングに乗って移動中に曲が切り替わります。移動曲だったけど嵐さんたちいつもより振りやってた感じ。最後は全員メインステ集合。

Happiness

最初メインステ真ん中→左右にバラける→サビでまた真ん中集まる→最後はセンステ っていう動きをするんだけど、2日目、左サイドに行った相葉さんが「どぅっどぅどぅ、いぇい!どぅっどぅどぅ、いぇい!」(MCでの本人談。思い出ーの後先をーのところだと思われるw)に夢中でなかなか戻る気配がなく、それを見ていたニノがサトシとかな、「あれ絶対(サビまでに)戻ってこれないぜ」的な感じで指差して笑ってて(笑)んで、猛ダッシュで走って帰ってきて、「♪走り出せ~」の瞬間に立ち位置着いたっていう、計算してもここまで上手くいかないだろうっていうことをやってのけてましたです(爆)そのときの画がホントよかったよー。慌てて戻ってきて笑いながら振りやってる相葉ちゃん見て、みんなも笑ってちゃんと振りやってるっていう(笑)んで、バラけてるときがお手振りタイムだったんだけど、うん、幸せでした。

(つづく)

MC
虹のカケラ
5人が小人?に扮したアニメあり。おもしろい。
ふるさと
センステのリフターで歌う。
風の向こうへ
途中までリフター。
Hung up on
TOP SECRET並み!バクステ。
どこにでもある唄。
奇跡起きた。時が止まった。メイン。
Joy
OSがバクステ、AMがサイド。ニノはメインから出てくる。パジャマ着てるみたい(笑)
morning light
センター→メインだったかな。サビで手をグルグル回す。
映像駆使したイリュージョン的な?コーナー
これなかなか凝っててすごかった!
まだ見ぬ世界へ
メイン。間奏で照明が点滅しだして振りが全く見えなかったのが残念。
Lφve Rainbow
バラける。
Troublrmaker
それぞれ移動。
ハダシの未来
リフターかな。雅紀が真ん中にいたのだけは覚えている(笑)
サクラ咲ケ
バクステ移動。相葉さん飛びまくり(笑)
ご挨拶
バクステ。静かな中での挨拶はもう無理なのかな・・・。でも最初の二人のときはほぼなかった気がする。
果てない空
感動・・・。ムービングでセンステまで移動。
遠くまで
Aメロでのおふざけがたまらない!振りを絶対覚えたい!テレビでやって!

EN1.Love so sweet
EN2.a Day Our Life
EN3.Summer Splash!
EN4.感謝カンゲキ雨嵐

~軽くMC~

EN5.五里霧中


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。