記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の見ている風景

ごぶさたしてます、久々のブログ更新です!

こちらも暑い日が続いていて、寝るときは保冷剤をガーゼハンカチにくるっとまいて首元に置いたり、普段から水分は摂ってるんだけど、スポーツドリンクに替えたりなど、夏バテや熱中症防止に色々取り組んでおりますよ。でもなんだかやっぱり食事の量は減ってます。おなかは空くんだけど、すぐ満腹になっちゃうのよね・・。もっと量が食べれないとダメだなぁと思ってるんだけどどうしたらいいのかな。

今日は扇風機を買いに行きました。
でも、こんな天気なもんだから当然のごとく電気屋さんにはほとんど在庫がなく・・・。家にある扇風機もワタシと同い年くらいなので(笑)、そろそろ買わないと危険だとは前々から思ってたのにもかかわらずそのまんまにしてたらこんな羽目に。仕方ないので今シーズンは頑張ってもらうことにしました。扇風機は買ってこれなかったけど、洗濯機と掃除機のコーナーに行ってカタログはしっかりGETしてきたよ!

さて、アルバムがやっとリリースされましたね♪
フラゲの日に予約したCD屋さん行ったらもう見たことのない長蛇の列でかなり目を疑ったけど・・。SMAPにRIP SLYMEにアリスインワンダーランドにと盛りだくさんだったみたい。

2年ぶりのアルバムなのでそれはもう楽しみで仕方なかったんだけど、想像以上の出来で嬉しくてしょーがなくってはしゃぎまくっちゃった!ついったーに連投しまくっちゃったもんね。なんていうか、迷いがないっていうのかな。「ドリアラ」が今までの嵐を履修(?)しつつ新しい嵐に片足つっこんだアルバムだとしたら、今回のは完全に両足つっこんだってイメージ。11年目を迎えて新たな一歩を心身ともに充実させた形で完成させたな、って思います。全体的に波がないってのも特徴かな。「HERE WE GO」が当時の彼らにしてはちょっと背伸びしたアルバムって感じがワタシの中にはあるんだけど、今の等身大の彼らをそのまま反映させたのが「僕の見ている風景」なのかなって印象です。嵐の曲ってそもそもクオリティが高いと思ってるんだけど、普段からいろんな音楽聴いてるファン層は特に大満足なんじゃないんでしょうか???

ってなわけで勢いで1曲づつ感想書いちゃいます!
たまに更新しようと思ったらすげー長くなっちゃったよー(;^ω^)

【DISC1】

M1. movin'on
イントロからもうヤバイって思った。きゃーーーーーみたいな(笑)
これだけでこのアルバムは最高傑作なんじゃないかって思ったくらい。
今そっと風が舞う~のメロが変わるとこで「きゃ!」ってなり、
サトシソロで「きゃ!」となり、翔ちゃんRapで「きゃ!」ってなり、
最後また5人で歌うみたいな・・・。好きだ、好きだ・・・(笑)

M2. マダ上ヲ
これがね、びっくりしたの。こういう曲と思ってなかったから。
こんな曲を並べれるようになったんだね。嬉しいよ。
音に厚みがあってかっこいいよね。
そして翔ちゃんのRap部分がまた(・∀・)イイ!!

M3. リフレイン
歌謡曲っぽい曲その①
これからちょこちょこ出てきますがこの「歌謡曲枠」がこのアルバムの良さを
引き立てている気がしてなりません。

M4. Troublemaker
振りを覚えなくては・・・

M5. T.A.B.O.O
これはね、これはね、翔ちゃんよくやった!って感じ(笑)
翔ちゃんはね、イメージを覆したいって気持ちが強いお方な気がするんですよ。
こんな顔も持ってるんだよってのを魅せたいというか。
だから似合わないけどその服好きだから着ちゃう、っていうようにも見えるときがあり、
必要以上にがんばってる風に見えちゃうんだけど、それがいいのです。
この曲自体は好きです。

M6. サーカス
歌謡曲っぽい曲その②
曲調としては難しいんだろうなって思う。

M7. ギフト
本編ラストで歌っちゃいそうなメロディ。
この曲を新郎が結婚式で歌ったらマザコンって思われちゃうかな?(笑)
目線を家族(母親)にしたところにも時の流れを感じますね。

M8. Everything
au曲ってやっぱりどれも素晴らしいよね。
ワタシは5×10ツアーのアレンジも好きだよ。

M9. Come back to me
やっぱりこの人は外さない。すごいなって思う。ソロ曲での振り幅がホントに広い。
しかも個人的に好きな曲調だし、Yabai~でのコミカルな演出が好きだったから、
今回も期待を大にせざるを得ないっていうね。
アルバム全体の雰囲気を見てこの曲選んだと思うんだけど、
そのバランスが最高と思います。あと、自分のイメージとしてはBIGBANGっぽい(笑)

M10. マイガール
いろんな想いが詰まっている特別な1曲です。大切な曲。

M11. Magical Song
ふはは!ふはは!やったね、まさき!(笑)
みなさんそろって「ひゃ~」とか「ひぇ~」とか言ってますけど、
ワタシ的には「ひいぇ~」かな???
ま、どっちでもいいけどとにかく裏声でおかしいってことで(爆)
これ、一見トランスっぽくもディスコっぽくもあるんだけど、
メロとしてはやっぱり「歌謡曲調」なんじゃないかと思います。
上手い具合に融合されてるんだろうね。
とりあえず歌謡曲っぽい曲その③に指定します(笑)
そして何を歌ってもピースフルな幸せを振りまくことのできるまさきに乾杯(完敗)!

M12. let me down
かっこいーんだよこれがさ。
前曲の楽しい感じが一転してダンサブルなチューンになるっていう。
これ踊るだろうねー、うん、踊るよ。絶対かっこいいよ。


【DISC2】

M1. Monster
ディスクは分かれてるけどちゃんと流れを汲んでここに置いたって感じするね。
ぼっちゃんの声がきれいでそして切ない。
ドラマのための曲だけどしっかり考えて作りこまれてるのがわかるよ。

M2. Don't stop
聴きやすくキャッチー。
なんとなくメロディは歌謡曲っぽかったりするのかな。
・・でも認定まではいかない(笑)
とにかく前へ前へと今までよりも大人目線で背中を押してくれる曲。

M3. 静かな夜に
メロ的にはいつもとあまり変わらないけど聴きやすい。
全部日本語だから???それとも歌謡曲っぽいから???
歌謡曲っぽい曲その④に認定しておこっと(笑)
ワタシ的には「Ready to Fly」みたいのをそろそろ・・・

M4. むかえに行くよ
これもやっぱり前へ前へっていう曲ですね。
以前だと「一度立ち止まってみよう」っていうような留まってみることを
よしとする歌詞が印象的だったりしたけど、いろんな雑音や感情をひっくるめて
とにかく進んでみよう、進もうって感じ。今のタイミングだからより説得力がある。
あと、しっとりした曲調のが「ギフト」とこれしかないのが意外。

M5. 1992*4##111
心の趣くまま好きなように作ることができたんじゃないかな?
ワタシはニノが作るこういう曲、好きです。
ライブでみんなで合唱できるような、っていうイメージもあったんじゃないかな。
そういう点も含めて好き。楽しみ。

M6. 空高く
発表された当時はドラマとこの曲が切り離せられなかったので、
いろいろ思うところがあって印象が薄かったんだけど、
ドラマと関係なく聴いた今はイイ曲だなと思えるように。スキっと爽やかです。

M7. kagero
歌謡曲っぽい曲ラストにして最大の曲。
今回のアルバムが聴きやすいと思う1つの要因として
「歌謡曲っぽい」ってのがあるんですが、この曲はその最たるものだと思います。
特にサビなんて80年代によく聴いた曲の中にあってもおかしくないし(笑)
嵐はそれが合うんですよね。

M8. Summer Splash!
ふふふ、ふふふ。
最後の最後ににぎやかしSONGもってきましたねーーー☆
Rapの掛け合い部分はRIPっぽくってなんかそれも新鮮だし、
っていうかこういう王道で5人が掛け合うのってない・・よね??
あたっくとかりまーかぶるとかくーるとかってちょい違うでしょ?
で、サビなんかは逆に嵐の王道メロがくるってホント盛りだくさんよこの曲。
5人でブースに入ってる様子が目に浮かびます。楽しみ。


――楽しみ。
ありがたいことに申し込みをした「会場」には出席できる運びです。
まずは心の底から大きな感謝を。いつもありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。